ABOUT

e-ZUKA Tech Studioとは

e-ZUKA Tech Studio---- イイヅカテックスタジオとは

福岡県飯塚市は九州工業大学情報工学部、近畿大学産業理工学部という2つの理工学系大学キャンパスを擁す学園都市です。今でこそ割合は減りましたが、2006年の市町村大合併前は人口20人に対して1人の割合で理工学系の学生や研究者いたという、まさに「エンジニアの卵の街」なのです。

しかし、多くの学生は4年以上の期間を、企業の現場で活躍するエンジニアや、専攻外の研究者とほとんど接点を持つことなく、飯塚を巣立っていきます。クラウドコンピューティングやスマートフォンが台頭し、わずかな資金で、いつでも技術者として世界を相手にできる時代となっているにも関わらずです。

そんな状況を打破するべく、学生、研究者・教育者、企業人がその垣根を超え、純粋に技術を楽しみながら勉強できる場として2011年12月に産声をあげたe-ZUKA Tech Night(イイヅカ・テック・ナイト)。まだまだ未熟なコミュニティではありますが、飯塚という街の新たな希望の灯火となりつつあります。

この技術者コミュニティを起点に、ここ飯塚を技術者の集う街にしたい。そんな想いから設立されたのが当法人e-ZUKA Tech Studioです。

コミュニティに関わる人々の技術に対する好奇心、常識をくつがえすアイディア、街や社会をより良くしたという情熱…それらに直接触れてもらい、学生の奥に潜む技術者魂に火をつける場をつくっていくことが、私たちの最初のチャレンジです。

そして、面白さに目覚めた学生たちが、逆に研究者や企業人、そして地域住民に影響を及ぼし始めたとき、飯塚は「学生が多い元炭鉱の街」から、「あそこにいけば何かが起こる創発の街」へ変わっていきます。その魅力を最大限に生かして投資家や起業家を巻き込み、 新しい主軸産業をここ飯塚に作り出していくという未来に向かって、私たちは歩み続けます。

NAME---- 名称

一般社団法人e-ZUKA Tech Studio ---- general incorporated association

略称
e-ZUKA Tech Studio
eTS

HISTORY---- 沿革

2011年12月
e-ZUKA Tech Night Vol.0を開催し、任意団体として活動開始
2013年2月
一般社団法人格を取得し、一般社団法人e-ZUKA Tech Studioへ名称変更

ORGANIZATION---- 組織

代表理事
高橋 剛
理事
山崎 重一郎
理事
田中 和明
監事
正田 英樹
 
studio-icon